日本エコシステムに取り付けの依頼~予想外の室外工事~

人形と家

工事の工程

家

解体工事を依頼する前に、どのような工程で解体するのか把握しておくと、工事にかかる期間が見えてくることもあります。名古屋で解体工事を行うにあたり、まず始めるのが養生です。これを行わずに名古屋で解体工事を行うと近隣に迷惑がかかるため、解体工事には欠かせない工程といわれています。養生とは、名古屋で解体工事を起こった際に発生する木材の破片が飛散するのを抑えるために、工事を行う範囲を特殊なシートでカバーする方法です。解体工事には危険性が伴うため、この工程を行うことでその危険性が広がらないようにするためにも大切なことです。シートの種類によっては工事の音を防ぐことも可能です。その後解体工事が始まります。まずは外面にある瓦や漆喰といった素材の撤去を行います。

瓦や漆喰の撤去が終わった後、住宅外部にある設備を撤去していきます。この際にガラスを取り外すため危険性も伴います。住宅の大きさにもよりますが、ここまでの工程で数日かかることもあります。重機による撤去作業はその後に行われます。重機を活用することにより早く解体することが可能ですが、住宅全体をこの方法で撤去する必要があるためどうしても時間がかかってしまいます。解体が終わりしだし、危険物を取り除く工程になります。危険物を取り除いた後できるだけ土地を整備してくれる業者も少なくありません。このように解体工事は行われます。ただ、名古屋の業者によっては違う方法で解体工事を行うこともあるため気をつけましょう。